D51-78なめくじ(改良品)

なめくじです。スーパーなめくじじゃないです。
車輪が黒染めで、ボックス抜きになっています。

テンダー側のカプラーは、Kadeeに交換してあります。

あっ、ライトはもちろん、電球色LEDに交換してあります。

書籍「近畿地方のSL」

古本屋で手に入れた「近畿地方のSL」。
コレクションするなら、ここに載っている機関車だなぁ・・・

D51 794号機

KATOのD51をベースに後藤式集煙装置、重油タンクなどに銀河モデルのパーツを使用した重装備タイプです。
関西地方をイメージしているため、車番はエッチングパーツで794を選択しました。

パーツ類の洗い方が悪かったせいか、プライマーの乗りが悪くなってしまいました。
テンダーは、石炭を半分に減らし、木目板で囲っています。
カプラーは、後部のみMAGNE-MATICカプラーに交換済み。
窓枠に茶色を差し、窓ガラスを入れてあります。
それでも、はみ出しているモーターが気になります。
20年近く前に修理に出した際にリード線が緑色になり、目立つので黒色を塗りました。
その他、前輪に黒を、ロッドに赤色を差しています。
当初、全体に半グロスの黒を塗っていましたが、ちょっとてかり気味だと思い、つや消しの黒を筆塗りしました。
まだらでしかも厚化粧になってしまいました。その内、塗装剥離して塗り直そうと思います。

D51 498号機

D51 498号機です。標準的なエントツ周りになっています。動輪の穴が抜けていないMICROACEの旧製品です。
ライトがとても暗くほとんど点いているのかどうか分からなかったので、ライトを高輝度白色LEDに交換し、色注ししました。
しかし、やっぱり暗いです。導光板に付着している塗料を削ったりしたら、ほんのちょっとだけ明るくなりましたが、まだまだ。

D51 78号機

D51 78号機です。なめくじ型になっています。MICROACEの改良品で、動輪が黒染めで穴がちゃんと抜けています。
ライトを電球色LEDに交換してあります。