N>叡電デオ603

レールエキスポ京都の戦利品から叡電デオ603です。
鉄コレは何が出るか分からないのが嫌で買ってなかったのですが、
叡電が出展していて、100%叡電だというので1つ買ってみました。
そして、早速Nゲージ化しました。
どれくらいのカーブまで曲がれるのやら。。。


スポンサーサイト

西武E851形

中古で手に入れました。
関東の車輌ですが、ヨーロピアンなデザインということで残してあります。
なかなかおしゃれだと思います。

この度、DCCを解除し、アナログに戻しました。

N>阪急6300系を工事

KATOの阪急6300系に手を入れます。
デコーダを取り外して、アナログ仕様に。
153系の室内灯をはめたら、ぴったり。
ハンダを流し込んだらちゃんと点灯しました。
どうやら接触不良だったみたい。

さて、運転席側ですが、電球をLEDに変えます。
アナログ専用なので、低めの520Ωがいいなと思ったのですが、なかったので510Ωを使いました。
最初は点灯していたもののだんだん暗くなってきたのでやばいと思い止めたらうっすらと煙が・・・
この後、560Ωで配線し直しました。
とても時間がかかること、かかること。
テストしてみたら今度は点灯したものの、ちょっと熱くなるかも。


阪急6300系(Nゲージ)のDCC化

デジタル化します。まずは、モーター車からです。絶縁するために、いったん分解します。
この時に爪を折ってしまい、テープで固定するはめに。

続いて、ライトの制御です。ダイオードは取ってしまいます。
LED化するとはめ込むのが難しそうなんで電球のままとしました。

今回のデコーダはいつものと違うので少し試行錯誤しながら。ライトを組んでみた様子。
後、反対側もやらないと。

近鉄アーバンライナー

室内灯用の基盤です。ブリッジダイオードが配線済みでアナログ/デジタルに対応します。電球用の配線と差し替えるだけでいいので便利です。でも、もう入手できないのが残念。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。