JR 281系 はるか

KATOのはるかです。中古で手に入れました。
室内灯を、電球色LEDで表現しています。
スポンサーサイト

N>サンダーバード、はるか

KATOのサンダーバード。
Nゲージの体験運転で活躍しましたが、デコーダが入っているため、起動電圧高め。
アナログのパックで、なかなか動き出さない・・・
なので、やっぱりアナログに戻すことにした。
その前に、DCCの様子を撮影。

デコーダを外して、結線するだけなので作業は簡単。
続いて、KATOのはるかも。


681系サンダーバードのライトをデジタル化

今度は、681系サンダーバードのライトをデジタル化します。これは簡単と思いきや・・・

電解コンデンサを付けると結構な厚みになります。

ボディがうまくはまりませんでしたので、屋根を一部カットしました。やはり手間がかかる。

281系はるかのライトをデジタル化

アーバンライナーはおいといて、281系"はるか"のデジタル化の続きです。
ライトをデジタル化します。前回、単体テストし、組み込み後にショートさせてしまったので、
接触しそうな部分をしっかり切っておきます。

デコーダは、窓のない部分に納めます。小さいので苦労します。

683系サンダーバードをDCC化

超久しぶりにNゲージを触ってみる。
モーター車だけですが、683系サンダーバードをDCC化してみた。
前後を間違えて配線してしまったので、CVを書き換えて修正。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。