EF81

メタルインレタ貼り。なかなかうまく行きません。

0.3mmステンレス線で手すりを作る。プライマーを筆塗りした後、赤13号を塗る。


スポンサーサイト

千里丘

Cトラの2月の会場取りに千里丘へ。しかしいっぱいで取れず。少し撮り鉄する。


SBB Re460 -Miele- (HAG)

昨日は、Cトラ運転会の写真の残り半分(計37枚)をUPして文章を書いたら遅くなって寝てしまいました。

さて、今日は、C50のLoksoundを修理するために、HAGのRe460からLoksoundを取り外します。
付けるのと違い外すのは簡単ですね。結局、アナログ2線式にしてしまいました。

(注)
写真では後進側(右)のライトの配線がスイス式になってません。逆です。この後直しました。


Modell Eisenbahn Klubさんがやってきた!!

阪急百貨店のイベントに、Modell Eisenbahn Klubさんがやってきた!!
http://www.geocities.jp/mekftkm/MEKhomepage.htm

かの有名な雪景色モジュール!

えっ、豚さん!? ここでも人気モノ。

スイスナローのモジュールは普段の運転会では組み込んでいないそうです。
細かいところまでよく作り込んではります。
ぶどう畑がヨーロッパらしい・・・ 左上の路面電車は往復自動運転中。やっぱし、ある程度、高低差はあった方がいいですね。
後ろに見える後援21ケ国のプレート。後援を取り付けるのに3ケ月かかったそうな。

塔にホンモノの時計を埋め込んで、ヨーロッパ時刻を表示しています。
驚いたのは、モジュールを組んでから線路を敷いているとのこと。線路はROCO製で、固定していないのです。押しピンで止めているだけ。そういう手もあったのか・・・

今回、掲示板では以前から知り合っていた事務局長さんと直にお話を聞くことができました。
いつか、、、定例運転会に参加させていただきたいです。

CS2

ドイツのお店をRoadshowって、9月からじゃなかったの?
スピードメーターかっこいい。USB付いているし、マウスが刺さる? DCC/Selectrixバス付き?う~ん、何それ。
"systems"は残るみたい。よかった。

Mit intelligenten Ideen wie

-Speicherung der Konfiguration auf einem beliebigen USB Stick
-Abspeicherung von Lokdaten und Konfi auf Lok-Speicherkarten (Chipkarten)
-direktes Aufrufen einer Lok durch Einstecken der zur Lok gehörenden Chipkarte
-selbstständiges Update der Software direkt vom Märklin Update Server
-Bedienung über beliebige USB-Maus
-Anfahr- und Bremsverzögerung auch für Decoder OHNE diese Funktionalität
-Verknüpfung verschiedener Gleispläne über Sprungmarken im Gleisbild
-und, und, und


写真は、weissさんところからいただきました。
http://www.modellbahnecke.de/html/central_station_2.html

C-Track関西・定例運転会の写真を20枚UP

速報↓でも載せました通り、
http://annexpress.exblog.jp/9524671/
定例運転会の写真を↓C-Track関西のホームページへ、順次UPしています。
http://ctrakansai.web.fc2.com/
いま20枚まで行きました。解説文はまだです。写真はもうちょっとあります。こうご期待!


ETR500>なんとなく読めてきた

トレーラー側のライトがちらつく、室内灯がしばらくショート症状を起こす・・・というのがどうも気になる。

で、調べていたらひらめいた。ファンクションのみで制御と思っていたが、どうもトレーラー側の線路電源が入ってきている感じ。

トレーラー側のヘッドライトにスイッチングダイオードを入れた様子。

追伸;
カプラーのツメをカチっと止めたら、R3もちゃんと曲がれた。



簡易版ホイホイ”市内モジュール”

おまけ。過去の投稿を探せば出てくるのですが、、、高槻軌道用に作った簡易版ホイホイ”市内モジュール”(ANNEXPRESS流)です。
kohsanさんの正式ホイホイだとユニトラを3枚に卸す必要がありますが、そんなことはしてなくて・・・

MDF板にユニトラを貼って、

プラ板に模様を貼って、両面テープで貼りつけるだけ。

ちゃんと走ってます。

ゆる鉄モジュールもこんな感じで簡単に、でも見栄えよく作りたいところ。



シーナリー付きモジュール

基本設計は、一緒のようです。
http://annexpress.exblog.jp/9532812/

オス側。手前は転落防止に50mm開けるとか。昨日、Cトラで落っことしてパンタがひしゃげたし・・・いるかも。

線路内はあんまし粉をまぶしたくないな・・・

メス側。高架側、ユニトラを茶色に着色しています。


ゆる鉄モジュール倶楽部の取材で模型大学へ(3)

ようやく本題のモジュールの様子です。

接続部分。プラ車は跳ねます。ここはホイホイ式でユニトラの方がいいみたい。

制御部分。DCCにしたらいらなくなる?それともアナログにも対応させる?
駅・ヤード全景。
パワーパック。

ここからは撤収の様子。間にベニアを挟んで上からボルト締め。ユニトラならここまでしなくてもいい?

ジョイントはオス側に寄せる。
フレキはこういうアクシデントが起きてしまう・・・
ポイント制御用の配線、DCCなら不要。補助フィーダ用のコネクタは、KATOのものをオス・メス用意すればいいか。

カーブにはカントが付いています。
以上、ありがとうございました。

シーナリー付きモジュールはこちら。
http://annexpress.exblog.jp/9534429/

その2へ戻る。
http://annexpress.exblog.jp/9532538/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。