枚方へ・・・

三太さんにデコーダをお届けに行ってきました。

その昔、不二商がエンドウに作らせた3線交流式のキハ。

2008年の新製品。

イタリア限定モデル。


スポンサーサイト

【引込み線モジュール】パーツを買ったものの・・・

実は、配線のしかたが分かりません。

スピーカはおまけです。

ゲンコツ機関車のパンタグラフいろいろ

前回、Sommerfeldtのパンタに交換しようとして失敗。
発注する前、ちゃんとWiki↓で調べてあったんですが・・・
http://nl.wikipedia.org/wiki/NS_1600

気になって、手持ちのゲンコツ機関車のパンタを比較してみた。
結果は、、、全部、違いますね。


【引込み線モジュール】引き続き、配線中・・・

太さがコネクタに差し込むのにちょうど良い。
さて、ポイントの配線を考えないと・・・


意外と時間がかかる・・・配線

運転会でとりあえず走るように線路を敷かなくては。と、線路を敷くために、き電線の配線を行う。
ドラムで買ったより対線、意外と太くてそのまま線路にハンダ付けすると、見た目がダサダサ。
そこで、細いより対線を継ぎ足して配線した。

1枚分の配線が出来た。

短めのアジャスターボルト、フェルト(ハード)を付けてみる。
これでもまだ高さが足りない。
足りない分は、ベース側に木片を挟むとしますか。
アジャスタベース付け直しや。


Sommerfeldtのパンタ

Marklin製、オランダの電気機関車です。
パンタグラフのソリが磨り減ってしまい実感的ではないので、Sommerfeldtのパンタを取り寄せました。
しかし、碍子の数が違った!!
4つ必要なのに、取り付け穴が3つしかない。
・・・今年、Marklinから出る機関車の保守パーツを取り寄せるかな。


模型と工作の会「第58回定期運転会」

今日は和室です。

サウンドDE10を持ち込みました。

キに、ミズノのDD13に、LIMAのTEEとか。

組み立ては完了し、後は塗装を残すのみ。

本日の車輌、集合!!

低速でギクシャクするC50。診てもらったところ、ブレーキシューを止めているネジが緩んでカバーを広げていた模様。
ロッドと干渉していた部分の塗装がちょこっと剥がれています。
おかげさまで前進はスムースになりました。後はバックの時のギア調整がいる感じです。

以上、お疲れ様でした。次回は3月。NとHOの両方の予定とのことです。


奈良/京終駅

今日は奈良で運転会。その前に、京終駅を見に行ってきました。
う~ん、レトロ。ヒルマのキット風~

しばらくすると、奈良行きの電車がやってきました。

ワンマンです。



補助フィーダー

奈良の公開運転会用補助フィーダーですが、単線(右)だと折れる心配があるので、より対線(左)で作り直しました。
今度は、15mと少々長めにしました。

HAG Re4/4 IIのカプラーを交換する

パーツやらストラクチャーがいろいろ届きました。
早速、HAG Re4/4 IIのカプラーを交換してみます。
まずは、元の状態です。フックでひっかけるだけなので、プルではいいのですが、プッシュ向きじゃないです。

NEMのカプラーポケットに交換し、Marklinのショートカプラーを取り付けました。

連結テストです。連結面が狭くていい感じです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。