12系客車の電飾(改良)

小さいチップLEDと大きいチップLEDとで色味が違っていました。
統一するため、残っていた2両のLED交換をします。
今度は6つに改良してみます。



スポンサーサイト

キハ82系、室内灯をつけた様子

「模型と工作の会」運転会

今日は、第60回定期運転会/工作会に参加。

グリーンマックスの初期の頃は、SAGAMIのモーターを使用。

Honda Cars 阪奈宝来店にて展示運転会があるので、その準備の様子。
先ほどのGMの動力は、ホンダ電車に使用。

さて、ここからはHO。
カツミ/タニカワ/KATOのキハ82系が大集合。

今回集まった車輌たち。

ペーパー&木のキハ10系。

琴電を試運転。

BACHMANNのサウンド蒸気機関車は、最初から乗務員が乗っている。
畳部屋での運転会。リラックスしていい感じでした。
次回は、Nゲージの予定。

琴電が入線

早速、解体。

DCC化するには、モーターに繋がっている銅板をカットしないといけないようだ。
デコーダを室内に置くのは見栄えが悪いし、どうしたものか。
端に見える黒いものは、ビニルテープ。なんだかな・・・

それにしても小さなモーター。
やはり、どこにもスピーカを入れる場所がない。

ともかく、明日、試運転の予定。

久しぶりに撮り鉄

先月・今月と撮影はご無沙汰。
梅雨に入る前(もう入っていたっけ?)に撮影しておこうと、高槻へでかける。

お昼前に、到着。
なかなか来ないなぁ・・・と、思っていたら、トワイライトエクスプレスが逆から。

あれ?単機?

どうも時間が悪かったよう。
40分くらいいましたが、貨物はぜんぜん来ず。
でも、「北近畿」はきまった。

いや~晴れたり・雨がぱらついたり変な天気でした。

キハ80に室内灯を取り付け

広角タイプのLEDを取り付け。
抵抗の位置は、ダイオードよりもLED側。
気にしていなかったので、その時によりまちまち。



音が出なくなったDE10

5月の運転会で音が出なくなったDE10。
ミュートではないし・・・
CV8をリセットしても音が出ません。
・・・ので、分解してみる。
見た感じでは配線は大丈夫ぽい。

スピーカは32Ωか。代わりがないな・・・


室内灯のつづき。

買ってきたチップLEDと凸型LEDに820Ωの抵抗100本。
チップLEDを基板にハンダ付け。4つだと陰が出来たので5つにしてみる。前のよりも一回り大きいとこんなにハンダ付けが楽なのか。

12系客車に付けたものよりも明るい。色は前の方が自然?外して比較してみる。結局、4両とも今回のものに。


AC>DCボックス

琴電、ようやく30日に出ますなぁ・・・

さて、ようやく落ち着いてきたので、工作を再開すべく凸型LEDを買出しに日本橋へ。
店員さんはみんなマスクしてますが、お客さんはあんましマスクしてませんね・・・

ほんで、凸型LEDとアルミの箱に切り替えスイッチを買ってきた。
後は、手持ちの材料で工作再開です。

配線中。なんかねじれてます。

LENZのモトローラ系のデコーダ(右)を使ったのが裏目に。
DCC両用と思ったが、モトローラ系専用っぽい。
D101で認識してくれません・・・
そこで、初期の頃のNGDCC(左)と交換。大きい。ピンタイプなので、差し替えるだけ。

ぎりぎりアルミ箱に収まりました~
配線を少々手直しして、、、今度はOK!

これで、運転会にアナログのパックを持っていかなくてもよくなりましたぁ~

(注)
缶モーター専用です。
これは、出力が、モータで 連続 1A 瞬間3A(100msec以内) であるため。

お座敷列車にも室内灯を装備

室内灯の話題だとレスがつき易いですね。では第2弾でお座敷列車に室内灯を付けるの巻です。

気が付けば、1年近く放置していたスロ81系客車。(前回までの記事はこちら
シートカバーがはがれまくっていたので接着しなおし。・・・まだはがれているところがあるし。

TOMIXは屋根裏が空いているので、LEDには凸型を使用。これは半田付けが簡単。一気に6両分を施工。

いつものコンデンサ&ダイオード。定電流ダイオードはLEDを焼くので使わず。
そういや、定電流ダイオードとスイッチングダイオードと区別が付かないし・・・

試しに組み込みました。

点灯してみました。かなり視線を下げないと、シートカバーが見えません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。