FC2ブログ

Grand Confort入線

L.S.ModelsのGrand Confortが入線しました。

2005年に出た時は、直後にMISTRAL '69が入荷することが分かっていたので見送りました。
2007年に発売が予告された時にすぐに予約を入れました。
2008年にも予告されたので、2008年には出るかと思っていたら・・・2009年になっていたという。

オレンジ帯と黄色帯の違いが分かりません。
開放室と個室の違いかとも思ったのですが、違うようです。
下に敷いている本に解説があるようですが、フランス語は読めません。。。

[追記]
以下に、WIKIの解説を引用します。
http://ja.wikipedia.org/wiki/TEE#.E5.AE.A2.E8.BB.8A

Voiture TEE Inox 客車 (フランス国鉄)
1950年代にフランス国鉄で製造されていた急行用ステンレス製客車(米国バッド社のライセンスで製造)を基本に、設備などをTEE仕様とした客車。いくつかの種類があるが、代表的なものでは、ベルギーやオランダ方面の系統に使用される "PBA" 型と、地中海方面の系統に使用される "Mistral 69" 型が存在する。ステンレス無塗装なので、クリームと赤のTEE塗装ではなく、屋根肩部にTEEレッドの帯がアクセントに入っている。前者はベルギー国鉄でも保有していた。すでに引退し、一部はキューバやセネガルに譲渡された。

Voiture TEE Grand Confort(グラン・コンフォール)客車 (フランス国鉄)
1970年から使用開始されたTEE専用客車で、ステンレス製ではなく、普通鋼製となっている。この客車は基本的にフランス国内のTEE用であった。グレーと赤のグラン・コンフォール塗装と呼ばれるフランスの特急塗装で、牽引機であるCC6500形やBB15000形などのゲンコツ形電気機関車も同じ塗装で編成美を見せていた。ストラスブール方面の系統(「クレベール」「スタニスラス」)と、ボルドー方面(「アキテーヌ」「エタンダール」)、トゥールーズ方面(「キャピトール」)の系統に運用された。1998年引退。

ガンダム

会社の帰りにお台場に寄りまして、ガンダムを見てきました。


焼き肉弁当食べながら


さあ帰るべ

長岡京を散策

午後から晴れの天気予報。
・・・ならばと、長岡京へJRを撮りに行ってきました。
12:29 トワイライト色のEF81が単機で下って行きました。しかし、下りはきついので諦める。

12:30 その直後、反対からトワイライト編成が上って行きましたが、、、普通に被られてしまいました。

12:36 今度はEF200-3です。

12:47 そして、EF66の重連。じゃなくても2両めのEF66はパンタが下がってます。

12:49 EF200-136の側面撮り。カツカツ。アップしすぎたよう。

13:03 サンダーバードのフル編成。この頃から太陽が出てきました。

30分ほどで大成果。つづく・・・

スハを増備

3割引きにて購入。
インレタを貼って、
つや消しを吹いたら、インレタが剥がれた・・・
くっついていなかったのか。
電飾のため分解して気が付いたが、どうも古かったみたい。
こちらはうまく行った方。


6/6,阪急電車

(先週のつづき)
JRを撮った後、阪急京都線へ移動。
いきなりエコトレンが来た~

これはノーマルな7300系。リニューアルされた(8300系風な?)7300系が河原町方面へ・・・

しばし折り返しを待つことに。9300系も見慣れて来ました。

・・・折り返しが来ないので撤収。

はばたん

梅雨入りですか。

流し撮り

EF65-100
PS22Bパンタがポイント。うまくフレームに収まったものの、ちょっと暗め

EF210-139
今度は明るめで。でも後ろが切れた・・・

カニ

音が出ない?

カニ穴