TRIX>毎度の欠品

さて、明日から黄金週間!!
明日は、C-Track関西の運転会!!

・・・ということで持ち込み車輌を準備。
Re20/20に、wascosaのタンク貨車っと。

先日届いたwascosaの貨車ですが、またまた欠品。
プレートがありませぬ。
パーツだけ送ってくれなくて、まるごと送り返せと言われてしまいました。
プラ板で作るか。


Zパンタですか??

そういえば、こちらで話題の名古屋市電保存館で撮影した写真の件、今となってはどの部分がどの車輌のものか覚えていな~い。
当該車輌(と思われる)のZパンタの写真がこれ。


東北から保存車輌の写真が届きました。
キ100式228号とのことです。


能勢電

続いて、能勢電へ・・・
歩いて歩いてたどり着いたところで、、、俯瞰するの巻。望遠で狙ってみました。

・・・山を降りて、レールウェイフェスティバルHMを待ちます。


タンゴ・タンゴ

今週も福知山線へ撮影に出かけました。
まずは、タンゴエクスプローラー2号。

北近畿を撮影しつつ待ちます。
タンゴエクスプローラー1号が来ました。


運転手?

スイスの電機に運転手?に乗務してもらいました。
よーく目を凝らせば分かるかな?

ところで、Re6/6(Re620)ですが、30年前当時、単車体で世界最大の出力というのは知っていたのですが、
同じ頃の狭軌最大のEF-66と比べてびっくり。
だいたい2倍もの出力があるんや・・・

(参考までにWIKIによるスペック)
主要諸元 [編集]
軌間:1435mm
電気方式:AC15kV 16.7Hz 架空線式
最大寸法:全長19310mm、全幅2950mm、全高4465mm(パンタグラフ折畳時)
軸距:2900mm
台車中心間距離:5700mm×2
自重:120t
走行装置
主制御装置:高圧タップ切換制御、弱界磁制御
主電動機:Type 12 FHW 7659 交流整流子電動機×6台(連続定格出力:1239kW[6]、1時間定格出力:1338kW[7])
減速比:2.636
牽引力
牽引力:234kN(連続定格出力、111km/h)、265kN(1時間定格出力、106km/h)、394kN(最大出力)
牽引トン数:1600/800t(6.5パーミル、140km/h、明かり区間/長大トンネル区間)、111t(10パーミル、11km/h)、800t(26パーミル、80km/h)
最高速度:140km/h(設計最高速度)
ブレーキ装置:回生ブレーキ、空気ブレーキ

タンゴエクスプローラー

そういえば、福知山線で撮ったことがないなぁ・・・と。
撮影ポイントを探してぶらぶらとお散歩。
狙いのタンゴエクスプローラーを撮影。
それまでいい天気だったのに急に陰ってしまい、ちょっと暗い感じになってしまったかも。


謎なファンクションの件

昨日は、SBB-Cargo Re620の実見も眠くて進まず。
謎なファンクションがあることを見つけたところで終わっておりました。

今日は、早く帰って来ましたので調査します。
AkiraさんにRe6/6のファンクション一覧をコメントしてもらいましたので、Re6/6と比較してみることにしました。
今回は、CSを使います。
1つ何やら違うアイコンが。

そのアイコンの割り当てを確認すると、F1でSound1になっています。

音は鳴らないし、、、何だろうと思っておりましたが、アイコンの通り、ハイビームでした。
ちゃんちゃん。
MSのアイコンがもうちょっと何とかならないものか・・・

カーボン・ニュートラル・トレイン 摂津市駅号

今月のさんけいは、No20「茅葺農家-2」。
寄棟の茅葺農家。おまけに農具庫、脱穀機、ほうき、物干し、大八車が付いています。
まだ-1を1軒しか組んでないというのに・・・
そして、No21「社寺-2」です。

全然関係ないですが、写真は、カーボン・ニュートラル・トレイン 摂津市駅号。


Marklin>SBB-Cargo Re620

今日は朝早くから晩までお仕事。
一区切り付いたので休日出勤は今日までかな。

さて、昨日Karlsruheから届いたブツを実見する。
謎なファンクションが1つ。
はて、何だろう??