cargoのレタに初挑戦

いきなり大きいのは無茶だったか。
小さいので経験を積んでからの方がよかったかも。
20131231-1.png

KATO GP35を汚してみた

KATO GP35をちょっと汚してみました。
20131229-1.png

Loksoundの前は、SoundtraxxやSoundFX(Digitrax)でサウンド化していました。
従って、音はアメリカものになります。
少数ですが、アメリカ型を所有しています。
今回のKATO GP35ですが、まだPnPになっていなかったので、タンクに穴を開けて、SoundFXを載せてあります。
20131229-2.png

schoeni.chトレーラー積み貨車

schoeni.chトレーラー積み貨車です。
FLEISCHMANNの2013年新製品です。
ぎりぎり2013年に間に合いました。
20131228-1.png

裏を見ると思いっきりROCOの刻印が入っています。
20131228-2.png

続きを読む

DCC改造の機関車

電機にディーゼル機関車。

EF65-500(P) KATO 中古
EF65-500(F) KATO 中古
EF58 KATO 新製
EF58 KATO 中古
20131227-1.png

DD54 TOMIX 新製
DF50 KATO 中古
DF40 MICROACE 新製
20131227-2.png

*アドレス一覧を追加
20131227-3.png

続きを読む

2013年

20131225-1.png
みなさんが振り返りしているのを見て、ボチボチ総括してみる。

2013年は、欧州型は若干塗り替えしたぐらいで日本型Nに回帰した年となった。

欧州型の塗り替えは、日本型の貨物をスイス風やら、イタリア風、フランス風とか。

京とれいんで事業者限定鉄コレに足を踏み入れ、秋には阪急2300系、阪神5001形を購入。

新品の機関車、EF58-150を導入したのをきっかけに、袋詰め、箱付きの中古を中心にいろいろ導入。

新品は、DD51, DD54, C62, DF40で、中古は、EF58, DD51, EF65といった機関車と、
電車は、181系はまかぜ、485系、80系、私鉄は、阪神9000系、近鉄12200系か。

なんといっても、ウェザリングにはじまり、室内灯の取り付けから、再DCC改造に踏み切ったのが大きいか。

Nゲージは、貸しレでちょろっと走らせるだけだったのが、
黒い動輪さんの走行会に参加させてもらって、
広いところで走らせる味を占めてしまった?かも。。。

来年は、引き続き、デジタル改造を進めて行くとともに、改造したものを走らせたいと思う。

また、よろしくお願いします。



続きを読む

HO KATO DE10 DCCサウンド

もう1つ、DCCサウンド改造例です。
KATOのDE10です。


タンクを削ってスピーカーを入れました。
20131222-1.png

真ん中
錘を削って基板タイプのデコーダを搭載。
20131222-2.png


アナログ基板とデコーダの比較。
20131222-3.png

続きを読む

HO TOMIX EF210 DCCサウンド

TOMIXの箱型機関車をDCCサウンドに改造する例です。


スピーカー用に穴を開ける
20131221-1.png


スピーカーをプラ板で塞いでスピーカーボックスの代わりにする
20131221-2.png


デコーダです。
20131221-3.png

続きを読む

C58

jaco1017さんのC55に刺激されて、
C58をひっぱり出してみた。
20131215-1.png

これが唯一の天プラです。
Loksound v3を積んでいたのですが、
音が小さかったので、
日本橋で、1.5wのスピーカーを調達、
8Ωなので、loksound v4に載せ替えしました。
ちょっと長くなったので、きっちり閉まらなくなりました。
たぶん、コイルの他は取ってしまってもいいと思います。
音は、ドイツの3気筒のものを入れました。
ほんとはアメリカの音が良かったのですが、
v4の出たてのころで、種類が少なかったのです。
20131215-2.png

続きを読む

KATOのストラクチャを塗り替え

KATOのストラクチャをヨーロッパぽく塗り替えしたもの。
形が日本風なので全然ぽくならなかった・・・
20131211-1.png
20131211-2.png

続きを読む

DF50のDCC化

KATOのDF50です。
DCC化しました。
アナログ基板と差し替えるだけなので簡単。
TOMIXのもあるけど、ダイキャストを削らないといけないぽいのでどうしようか。

20131209-1.png