KTR 8000形の入線

再生産されましたねぇ。
何度か撮影していて欲しいと思っていました。
前回は買い逃したので、今回は急ぎ購入です。

20150228-1.jpg

続きを読む

KATO コールポーター

購入記です。8両じゃ少ないので、もう少し欲しいところ。

20150226-1.jpg

続きを読む

KATO DCC

ページがなくなっている?

20150223-1.jpg

続きを読む

GS-4塗り替え

中古店で購入した、KATOのGS-4を塗り替えしてみた。
グレートノーザンをイメージしてボイラーを緑色に筆塗り。
側面・テンダーは、灰色がかった黒色に。

20150222-1.jpg
20150222-2.jpg

DCCについて

20150219-1.jpg

みなさんが書いておられるので、触発されて思うことを書いてみたい。

DCCのことは何人かの模型店の店主の方と話してみて、市場面から捉えています。
DCCのことは関心はあるものの敷居を感じているようです。
年配の方が多いこともあり、コンピュータ・アレルギーに似た心境かもしれません。
また、購買の中心となる比較的経済的に余裕のある方も年配の方が多いように思います。
こういった方は、コレクション派、工作派が多いと感じています。

DCCを楽しむには、走らせてみないと気がつかないことが多いのではないでしょうか。

・アドレス指定による個別制御
・MU重連統括制御
・BEMF坂道での安定走行
・デジタルサウンド
・複数コントローラによる多人数走行
・車両、アクセサリのリモート制御
etc...

外国では、屋根裏、車庫、地下室などにレイアウトを持っていて走らせる環境があるのに
対して、日本の家屋では難しいところです。
しかし、日本には貸しレがあります。こういったところで体験できるといいのですが。

市場に戻って、日本は、アメリカや、ヨーロッパに比べ小さな市場です。
かつて、メルクリンは内外価格差が非常に大きいものでした。
一部のユーザーが個人輸入で最新モデルを安く手に入れているだけでしたが、
HRSさんの登場で一気に変わりました。

DCCの世界も同じだと思います。
まだ一部の比較的若い方がDCCに取り組んでいるだけですが、
どこかのメーカーが1社でもDCCに取り組めば一気に広がるはずです。
売れれば価格も下がり、市場も広がると思うんですが・・・
まあ、鉄道模型以外にもいろいろあるので、そう簡単じゃないでしょうけど。

今のところ、まだ流行りそうにないので地道に?楽しむとしますか。

続きを読む

RS-2にSoundFXを積んでみた

アナログ基板を交換すればいいやと思い気や。
思いっきり基板が干渉するという・・・
後、コネクタをどっかやってしまったので、
スピーカーの配線がわからん。


20150212-1.jpg