FC2ブログ

ゆる鉄モジュール倶楽部の取材で模型大学へ(3)

ようやく本題のモジュールの様子です。

接続部分。プラ車は跳ねます。ここはホイホイ式でユニトラの方がいいみたい。

制御部分。DCCにしたらいらなくなる?それともアナログにも対応させる?
駅・ヤード全景。
パワーパック。

ここからは撤収の様子。間にベニアを挟んで上からボルト締め。ユニトラならここまでしなくてもいい?

ジョイントはオス側に寄せる。
フレキはこういうアクシデントが起きてしまう・・・
ポイント制御用の配線、DCCなら不要。補助フィーダ用のコネクタは、KATOのものをオス・メス用意すればいいか。

カーブにはカントが付いています。
以上、ありがとうございました。

シーナリー付きモジュールはこちら。
http://annexpress.exblog.jp/9534429/

その2へ戻る。
http://annexpress.exblog.jp/9532538/

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

annさん、レポートありがとうございます。
9mm厚のベニヤで作られているというのはコレのことですね。
接続部分の問題があるようですが、ユニトラなら問題なさそう。。。
kazuさんの案がやはりいいかな?

んで、シーナリーがあるとまた印象が違うんでしょうネ!(^_^)

No title

早速のレポ、ありがとうございます。
シーナリー付きタイプの、表、裏面の写真は、先ほど高槻軌道の掲示板に上げておきました。(雑ネタ数点のスレです)
URLは名前のとこをクリックしてください。

No title

ボルトっつうより、単なる抜け止めピンですね。板は上下方向のガイドではまってるだけ。
しかし、台数が増えると、ジョイナーでの接続はめんどくさいです。
ポイントコントロールは、どうしましょうかね。コントロールボード式の方がどこを変えてるってのがわかりやすいんですが、もれなく「ソーメンの束」が付いてきますからねぇ・・・
デジ、アナ共用として、ポイント用の通電ラインを1本付けときますかね。

No title

とても、スマートなモジュールですね。つなぎ部の固定も良いアイデアだと思います。ただ、やはり、フレキで接続は大変で、痛みもでやすそうですね。