FC2ブログ

ArduinoでDCC

オープンソースなハードウェアである、Arduinoを鉄道模型で利用する
試みがいろいろあります。
20130522-1.png

OpenDCC Arduino Libraryというものがオープンソースで公開されて
います。
http://opendcc.sourceforge.net/

DigitraXのLoconetを通じて制御するには、LocoShieldといった
シールドを作らないといけないので敷居が高かったです。
http://www.scuba.net/wiki/index.php/LocoShield

その一方で、Railuinoを使えば、ArduinoからMrklinのMS2
(Mobile Station 2)のように制御できるようになります。
http://code.google.com/p/railuino

シールドには、既製品のCAN-BUSシールドを使います。
このRailuinoを使って、Marklinのコマンドステーションを実装する
試みが始まりました。
http://yaasan.mints.ne.jp/

早速、Arduino用のCAN-BUSシールドを入手したのですが、
ただミニDINの10ピンが入手できていなくて試せていないです。

AUTHOR: よりまつ
DATE: 07/16/2013 22:12:52
CmdrArduino|Railstars
http://railstars.com/software/cmdrarduino/
のプログラムを使わせてもらい,
35V3A Full_bridge LM18200Tで作ったboosterで
ArduinoでDCCコマンドステーションを作っています。
良かったら見てください。
http://www.geocities.jp/s_nisimoto/arduino_dcc/arduino_dcc_00.html

関連記事

コメント

非公開コメント

ありがとうございます。
スケッチできました。
後、配線ですが、
MiniDCCを作るところでしょうか。
図面が読めないので難しそうです。

スケッチが出来たとのことで,
http://www.geocities.jp/s_nisimoto/arduino_dcc/arduino_dcc_05.html
Power_Boosterの.zip
がプリント基板CADソフトEagleの回路図です。
「CADソフト Eagle」で検索すれば,情報は沢山出てきます。
制限のある使い方ならフリーで使えます。
私もフリーで使っています。
ユニバーサル基板に組み込むときも基板図面を見ながら配線すると間違いが少なくなります。
こちらが完成すればMiniDCCにもチャレンジしてください。

回路図を見れました。
470u, 1500uは電解コンデンサ。
100nもコンデンサ?
1N4148はダイオード
ICが7805とLM18200T。
2NN5484はFET
電気のことはなかなか難しそうです。