FC2ブログ

HO TOMIX EF210 DCCサウンド

TOMIXの箱型機関車をDCCサウンドに改造する例です。


スピーカー用に穴を開ける
20131221-1.png


スピーカーをプラ板で塞いでスピーカーボックスの代わりにする
20131221-2.png


デコーダです。
20131221-3.png

AUTHOR: Minami
DATE: 12/22/2013 16:59:03
こんばんは

 ダイキャストをどれくらい切削したのか 見えませんが
ダイキャストの切削は、苦労しますね。
 大型のボール盤でもあれば、楽かもしれません。ハンディ
リューターで 削り通すというのは、膨大な時間がかかります
 中をとって 電気ドリルに金属加工用のドリルを装着し、
切削しても、厚い金属に まっすぐ貫通させるのは 簡単で
はありません。
 東急ハンズで、趣味レベルの「ボール盤」を探しました。
これがあれば、ダイキャスト貫通 自由自在です。が 価格
2万円台。考えどころです。

 最近、模型店に併設した「レンタル・加工ブース」があり
ますね。「塗装ブースお使いください」みたいな。塗装ブース
はあっても、「ダイキャストに穴をあけるボール盤」は
設置して ないでしょうね。TomixのサウンドDCC化には 必要
不可欠なんですが。

2万円・・・

天カンタムー(TomixHO+サウンドデコーダ)=2万以上
なんて算式も 考えられなくもない です。 

それと サウンド(とくにスピーカー周辺加工)について
示唆に富んだ「動画」があります。英語ですが、10分我慢
していれば 「ああそうか」と理解できます。
 背後を塞ぐ・・・より サウンドの横モレ」を防ぐだけ
で、低音がはっきりするようです。「ためしてガッテン」級
の驚き でした。
 http://www.youtube.com/watch?v=j4kgLeDltxg

関連記事

コメント

非公開コメント

>annさん
 ん・・・車体幅ギリギリですね。お疲れさまでした。
 ボール盤。グーグルで検索すると 8.5~9千円とか1万円台
でもありますね。最廉価3千円台。
 え・・・と思ったら 手まわしでした(笑)
 なにぶん、実物が見れません。はたして、自室に設置できるか
とか、騒音の度合いとか、不安ではあります。
こんなもの入れたら 自室は ほとんど「町工場」の様相ですね。
町工場では・・・眠れません。
 DCCを入れてしまった立場から言えば、カンタムなんぞ
しないで、素直にDCC仕様で出だしたらどう と。
(市場が読めない)おバカさんというか(高いものを買わせて)
ユーザーをなめている というか。HOをやっている人が、
たかが2万のDCCコントローラをケチる・・・わけがない。
 たぶん ESUとかスペックも容量も 高いデコーダーを入れても、
5ー6万円台で 実現する ような気がしますね。
 ちなみに、この値段で 欧州のモデルだと パンタが昇降し 
ブレーキの火花が散る レベルです。それも 2年も前話。
今も どんどん離されている。ガラパゴス化というより、サル
の進化論で、あらぬ方向に進化して・・・いるんじゃない?
アナログという大樹にしがみついて(笑・・・えないよ)
 京都ボークス。「EF13」などどいう「ゲテモノ」で勝負する
のではなく、「EF65」とか「パーイチ」とか、もっと市場のコア
を相手に。「サウンド」という金棒で「アナログ」叩きに出てく
れれば・・・「天下」とれるのになぁ。
(菜食主義の仏教徒なのか お公家様なのか?)